一部のふるさと納税サイトでは寄付額や登録などに応じてAmazonギフト券が還元されます。

MENU

ふるさと納税でもらえるギフト券

ふるさと納税のイメージ

ふるさと納税では、たびたびギフト券の返礼品が登場しては、国からやめるように指導されて終了する行為が繰り返されてきました。
現在でも一部の自治体が地域性とあまり関係ないギフト券を用意していますが、規制強化によって少なくなってきます。

 

今後はその地域でしか使えないギフト券など、チケットショップに持って行っても買取してもらえないようなギフト券のみに減っていく可能性があります。
2019年6月には税法改正で今後は返戻率の目安が3割ほどになる見込みで、2019年3月を持ってギフト券の提供を終了した自治体も多数見られます。
額面が明確になるギフト券は返戻率が3割以下になるため、今後はふるさと納税での需要が衰退していくかもしれません。

 

過去に人気を集めたふるさと納税のギフト券

 

  • Amazonギフト券
  • サーティーワンアイスクリーム商品券
  • リンガーハットグループ共通商品券
  • HISギフト券
  • JTBふるさと納税旅行クーポン
  • JALふるさとへ帰ろうクーポン
  • 地域振興券

 

旅行券など、現在も残っているギフト券は多数ありますが、Amazonギフト券や大手チェーンの商品券は今後少なくなっていく見込みです。
返戻率3割の規制によって今後は需要が減っていきますが、それでも無駄に払っていた税金が3割のギフト券で戻ってくれば利用する価値が大きいです。
ギフト券以外を見ても3割規制によってお得感のある返礼品が少なくなっています。

 

地域に関連したものはスーパーや量販店、通販で買うよりも割高な定価で3割規制をクリアできるように計算されています。
今後も使い勝手が良く返戻率3割を上手に活用できるギフト券はふるさと納税で人気を集めていきそうです。

 

ギフト券の返礼品に力を入れている静岡県小山町

 

過去に何度もAmazonギフト券を返礼品で用意するなど話題が多い静岡県小山町は、2019年4月現在サーティーワンアイスクリームとリンガーハットの商品券を返礼品で用意しています。
返戻率は3割の上限付近に設定されていて、全国各地で使えるギフト券を常時用意している自治体は貴重な存在です。

 

・静岡県小山町ふるさと納税特設サイト
https://furusato-oyama.jp/

 

 

ふるさと納税サイトでAmazonギフト券が還元される

 

一部のふるさと納税サイトを利用すると、寄付額や登録などに応じてAmazonギフト券が還元されます。
還元率が高いサイトで人気なのは「ふるなび」です。通常の還元率は1%ですが、キャンペーン時には2~4%に増量されます。
クレジットカード(Yahoo!公金支払い)に対応している自治体ならカード決済によってもポイント還元を受けられます。

 

返戻率の3割規制によって、今後はふるさと納税サイト選びやクレジットカード払い対応の自治体などで比較する要素が強まっていきそうです。
ほかにも最低1%以上のポイント還元と、クレジットカードや通販サイトで貯めたポイントを使ってふるさと納税できる楽天が人気になっています。