全国5,500の加盟店で子供服や育児用品、おもちゃ、文具等に利用できる「こども商品券」が人気です。

MENU

子供に人気なギフト券

子供に人気のギフト券とは

孫や親戚、友人の子供への贈り物でギフト券を利用する方が増えています。
時代の変化によって子供が喜ぶプレゼントが多様化しているため、子供自身が店頭で選ぶワクワク感を提供する目的が需要拡大の要因です。
子供に人気なギフト券をまとめました。

 

こども商品券

 

子供をターゲットにした商品券で全国5,500の加盟店があります。
トイザらスをはじめ、おもちゃショップのほか、スーパーや百貨店など、子供服や育児用品に交換することもできます。
子供自身の使い道もありますが、全体的には未就学児の子供がいる家庭など、親が子供のために使ってもらう場面に活用されることが多いです。

 

家電量販店の商品券

家電量販店の商品券のイラスト

多くの家電量販店では、おもちゃコーナーが用意されています。
また、家電量販店はテレビゲーム系に強い特徴があります。
小学校高学年以上など、テレビゲームが好きな子供に喜ばれる鉄板アイテムとして人気が高まっています。
JCBギフト券やVISAギフト券なども対応していますが、家電量販店に限定するギフト券を贈ることでポイントも貯められるなどの特典が用意されています。
また、近隣に店舗がある家電量販店のギフト券を贈ることで、受け取った時の子供のリアクションが良いです。
家電量販店は地域性があるので受け取る人の家の近くにある店舗情報を認識しておく必要があります。

 

家電量販店のギフト券

 

・ビッグカメラ商品券
ビッグカメラ、コジマ、ソフマップで利用可能
お釣り対応、販売は店頭で現金のみ

 

・ヨドバシJCBギフト券
中身はJCBギフト券と同じ

 

・ノジマギフトカード
独自のポイント還元率を用意するなどお得感がありますが、有効期限が20日しかありません。

 

・エディオンギフトカード
電子マネータイプで500円単位からチャージ金額指定可能(1,000円以上)
メッセージを添えるなど贈り物に適したサービス多数

 

・自社発行していない大手家電量販店
ヤマダ電機、ケーズ電機

 

QUOカード、nanaco

 

記念日などには向いていないですが、何かの用事で孫や親戚の子供に会った時に渡すギフト券として人気です。
コンビニでお菓子やジュースを買えるQUOカードやnanacoは500円など少額でも喜んでもらえます。
現金を渡すと親が嫌がったり、回収したりしてしまうような年頃の子供が喜びます。

 

あまり喜ばれない商品券

 

・Amazonギフト券
子供が欲しい物は一通り揃っているけど、店頭で買える方が喜ばれる。

 

・図書カード
スマホが普及したことで最近の子供はマンガや雑誌を読むことが減っている

 

・iTunesカード、Google Playカード
子供は喜ぶけどゲームへの課金癖が付くことを懸念して親が没収するケースが多い

 

・高額かつ現金に近い特性のある電子マネーなど
親が何に使うか分からない高額なギフト券や電子マネーを持たせることを懸念する